☆大雑把だけど短時間!ミシンで作る雑貨や子供服☆無料型紙と英語サイト・チュートリアルへのリンク 
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/13(木)15:02
fc2blog_2012113017270300b.jpg

家族のクリスマスギフトに、個別柄(ハギレ利用とも言う・・・)の湯たんぽカバーを作りました。

ぐるっと縫うだけなので、裁断一晩、縫うの一晩で完成☆

一応厚めの裏地をつけて保温性を高めています。

「湯たんぽ」って、使ったことありますか?

私が子供時代には「電気毛布」とか「電気あんか」が主流だったので、湯たんぽは知らなかった。

20代になって、イギリスの大学に留学していた寒い冬のある日、
悲しいことがあって部屋でひとり泣いていたら(そんな乙女時代も確かにあった)、
同じ寮の友達が湯たんぽを持ってきてくれたの。

薬か酒でも差し出すような感じで、ハイこれでも使いなよ・・・って

あー、あーっったかぁあーい んだなこれがまた!

電気あんかみたいに、電源入れてしばらくたたないと暖かくならないのではなく、

即効! すぐにあったかい! 

そして電力不要、エコ なおかつ朝までちゃんとあったかい

そして、中のお湯がチャポチャポいう音に、ヒーリング効果があるのですよー

それ以来、私の「布団の友」は湯たんぽと決めております。

寒い時だけじゃなく、気分がブルーな時、お腹が痛い時などにも効果抜群です。

カナダでもドラッグストアで8ドルぐらいで売ってます。

湯たんぽほんわかパワー未体験の方は、是非お試しください。

本体はゴム製でこんな感じ(↓)
ゴムが劣化するので5年ぐらいで買い替えたほうがいいみたいです。

fc2blog_20121130172650a1c.jpg
関連記事
スポンサーサイト
2012/12/06(木)14:53
20121127_130249.jpg


どうやら巷では、スヌードなるものが流行っているらしい。

お友達がニットのをしていて、かわいいし、あったかそうだし、
「輪っかになってて、はずれたりしないから、いいよ!」とおすすめしてくれた。 

カナダでも売っているものなのか? と思って、職場の同僚に尋ねてみると、
「なんじゃそりゃ?」というリアクション多し。
ホームヘルスは平均年齢が高いんで、おばちゃんばっかしなんです。 私もだけどさ。

すると若く美しい20代のひとりが、
「知ってるわよん ScalfとHoodをつなげてSnoodでしょ?」とおっしゃる。

そうなの?! でも、「N」はどこから来るわけ? ・・・変だよね・・・
Scalf+Hoodだったら、Scoodとか、Shoodだべさ。 ・・・ま、いんだけど。

編んでみようかな、とも思ったのですが、
パターンとかは編めない(涙)のと、
洗濯機でジャブジャブ洗いたいので、
コットンジャージーで作ってみました。

生地は、Tが赤ちゃんだった時に「兵児帯のおんぶ紐」なるものを作って、
でも結局使わずにしまってあった、ながいながーい布です。

なんにもポイントがないので、レースをちょこっとつけてみた。

作るのはすっごく簡単だったけど・・・

実際巻いてみると、どこかで見たこのイメージ・・・

!!!

imagesCAMPAVZO.jpg


キタロウのねずみ男だ。

・・・あーあ でもあったかい。

PS: 原画のねずみ男のスヌードはからし色
2012/12/03(月)14:40
リース

クリスマスが近づくと、お友達と一緒に玄関のドアに飾るリースを作るのが、
ここ3-4年の恒例行事になっています。

これをやらないと、なんとなくクリスマスがちゃんと来ないような気がする!(笑)

<準備>
・木の枝やツタのつるなど、材料を公園や雑木林から拾ってきて、持ち寄る
・リボンやキラキラ系の飾りを持ち寄る
・はさみ、ワイヤー、グルーガン、てぐす糸などが必要

<作り方>
・リースの形を決める だいたいマルか縦長のどちらか
・杉の枝を何本かまとめて、つないで、丸い形を作る
 はじめはバサバサだけど、ワイヤーやリボンで巻くと、形がととのってきます
・ベースの形ができたら、イマジネーションを駆使してデコります
・コツは、すこし離れた場所に時々置いて、遠くからバランスを確認すること

お友達と一緒だと材料もアイデアもシェアできるし、
つい力が入りすぎてリースがゴテゴテになってきた時には、
「うーん ちょっとリボン多すぎるかも???」なんて言い合ったりするのだけど、

「ずーっと何年も作り続けて、お互いにおばあさんになってボケたら、
 去年と同じようなリースを今年もまた作って、気づかずに、それすっごくいいね!
 なんて言ってたりしてね・・・」

私の今年のリースは、すっごく悩んだ割には地味めに仕上がりました・・・

ポイントは、真ん中に鳥の止まり木があること!!!

これはフレームにわりばしが固定してあり、その上に「コケ」をまいて、てぐす糸でとめています。

来年はどんなリースにしようかなぁ。

ワビサビ系の、枝だけで作る超シンプルリースとか、リボン多色づかいのハデリースとか、
わたをいっぱいつけて雪景色リースとか、アイデアは尽きない!!!
関連記事
人気の過去記事

test

最新記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。