☆大雑把だけど短時間!ミシンで作る雑貨や子供服☆無料型紙と英語サイト・チュートリアルへのリンク 
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/01/31(木)13:29
Marimekkoのソーイングブックに載っていた、その名も「One Minute Dress」という型紙を使って、110cmのドレスを作りました。

1分で!!!! ・・・・は、さすがにできなかった
でも本当にシンプルで、裁断から30分ぐらいで完成しました!



布は110cm幅の65cmぐらいのハギレです。
(ダウンタウンのMarimekkoのお店で、ハギレ価格15ドルぐらい)

一枚のつながった布ですが、大柄なので裁断する場所によって色が全然違う・・・

そこで、前と後ろをスイッチして着られることにして、
1枚で2度おいしい! デザインにしてみました。



でも、110cmはやっぱりまだちょっとデカかったっ
今年の夏は着れないカモ・・・
関連記事
スポンサーサイト
2013/01/21(月)14:15
Tは男の子だけど手芸にとても興味があり、ミシンや編み物のやり方を教えてほしい! と言ったりします。
でも実際にかぎ針を持たせてみると、まだちょっと難しいみたい。

何か6歳児にもできる編み物はないものか・・・

そこへタイミングよく、お友達ママが「ゆびあみ」のやり方を教えてくれることになりました。

ゆびあみ」は片手4本の指に毛糸をかけて、編み棒を使わずに編んでいきますが、
毛糸の太さや編む長さをかえると、意外にもいろーんなものが編めます。

Tは30分くらいで ↓ こんなヘアゴムのかざりを作りました。
(そしてマミーにプレゼントしてくれました
お友達のアドバイスで編み終わりにビーズをつけてみると、結構かわいいじゃん!!!


そして私はMのマフラー ↓ を完成。 所要時間15分ちょっと。
ゆびあみには、ちょっと個性的な毛糸がいいみたい。 ボサボサ系とかモコモコ系など。
そして太めの毛糸のほうが完成が早く、存在感のある作品になると思う。
2013/01/11(金)13:22
ネットで見つけた「型紙いらずのゴムパンツの作り方」を参考に、Mのパジャマズボンを作りました。
(ちなみに我が家の子供達は、パジャマズボンとボロくなった長袖Tシャツで寝ることが多いです。)



この作り方は本当にシンプルで、45分もあればゼロから完成できます。 優秀!

生地は楽天でネットショッピングして母に船便で送ってもらった、リバーシブルのWガーゼを使いました。

二重なので、思ったよりも、あったかそう


↑ はいた感じはこんな風。 

前後ろ同じカットなので、おしゃれにフィットとはいきませんが、子供のパジャマなら全然OKだ!

このやり方で、じゃんじゃんパジャマズボン作るぞ!

と思って、夜中に楽天でかわいいネルの生地をいっぱい買ってしまった・・・

気がつけば、かるーく壱万円
  
パジャマ買ったほうが安かった・・・

やっぱり夜中にネットショッピングは眠くて判断力が鈍るので、鬼門だ!
2013/01/06(日)17:26
Mのデイケアの荷物をどさっと入れるのに愛用していたGAPのトートバッグがあるのですが、
週3回、何年も使っていると、さすがにばっちくなってきた。

そこで、同じサイズで、デイケア用のバッグを作ってみました。



せっかくなので、以前よりも使いやすいものにしようと、

① ビニールコーティングの布で雨でも安心
② 小物ポケット増量
③ 倒れても中身が飛び出さないよう、フタつきに

という3つのポイントを改善しました。
多少見た目が不細工でも、カスタマイズできるところが手作りバッグの魅力ナリ!



ちなみに、このデイケアのバッグには、いろんなものが入ります。

着替え2セット レインコート レインズボン 帽子 手袋 お弁当 デイケア日誌
Mはもうオムツを卒業したので、これでも少なくなったほうだ・・・

そしてデイケアで作ったクラフトなどがお持ち帰りで入ることもあります。
家からお気に入りのぬいぐるみを持っていきたがることもあります。
夏は水着とサンダルも入れます。

雪の日はさらにスキーズボンも入って、ぱんぱんになるのだ!

でも私は荷物が多いのが嫌いなので、
なるべくバッグ1個でなんとかしたい。

リュックとか使ってみたこともあるのだけど、
やっぱり四角いトートがいちばんたくさん入ることが判明

あと約2年間、Mがキンダーに入るまで、このトートにがんばってもらいます。




2013/01/03(木)04:35
その瞬間は、突然やってきた。

かれこれ6年ぐらい使っていた、緑色のチェックのクッションカバーが、ある朝突然イヤになり

「もうあと1分たりともこのクッションカバーを見るのは耐えられない」状態に陥る。

年末で大掃除などやることは色々あったのだけど、

自分の中ではクッションカバーが優先順位ナンバーワンとなり、

子供達が朝ごはんを食べて歯磨きをする30分の間に、

新しいカバーを作りました。

ちゃんと計ってないから、ちょっとブカブカ。

でもMarimekkoのUnikko柄はやっぱしかわいい!(↓)



当然、裏は別布でコストダウンを計る(↓)


たかがクッションカバーだけど、部屋の中が明るく感じる。

年収めソーイングとしては上出来でした☆
人気の過去記事

test

最新記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。