☆大雑把だけど短時間!ミシンで作る雑貨や子供服☆無料型紙と英語サイト・チュートリアルへのリンク 
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/02/23(土)02:29
ゴムスカートといえばミシン初心者の登竜門、
クッションカバーの次ぐらいに簡単なアイテムと言えるでしょう。

しかし、そんな単純なゴムスカでも、実際にやってみると失敗は尽きません

1枚作るたびに、何かしら目からウロコの発見があり、またもう1枚作ってリベンジしたくなります。
(洋裁をちゃんとやっている人がきいたら、きっと「あたりまえじゃ!」というようなことだろうけど・・・)

① Marimekkoのハギレ使用で台形ポケットスカートfc2blog_2013021009494664d.jpg
光沢のある厚めの生地なので、ギャザー少な目の台形スカートが向いているみたい。
型紙から作ったので、1時間半ぐらいかかってしまった。 やっぱり型紙キライ 
裁断30分、縫うの30分、ポケット15分。

② 薄手のコットンプリントで一番シンプルな長方形ゴムスカfc2blog_20130210094922620.jpg
Mの一番のお気に入り 理由は多分、やわらかい生地。 
一番シンプルな作り方、長方形の筒の上にゴムを入れただけ。 
スソレースを作る時間を入れても、30分でできます。

③ ダブルガーゼで2枚の長方形をギャザーでつなげたフレアスカートfc2blog_20130223003340b01.jpg
下の長方形にギャザーをよせて、上の長方形にくっつけるというひと手間がかかっております。
そのおかげて、フレアがいっぱいで、クルクルひらひらです。
しかし、柄あわせしなかった・・・ので横向くとチェックがずれてる

④ ワンピースからリメイクした台形フリルスカート

以前作ったワンピース、生地が厚いため首まわりがゴテついて、Mは全く着たがらない
なので泣く泣く、切ってゴムスカにリメイクし、やっと陽の目をみました。
それでもやっぱり、あんまり着てくれない・・・

学んだこと

☆ウエストゴムはぶっといの1本より細いの2本のほうがいい感じ。
☆ゴムの強度は「コール」単位で子供のゴムスカートには4-6コールが2本でぴったり。
☆「柄あわせ」とは縫い目の左右で柄が揃うように裁断すること。
 ギンガムチェックなど規則的な柄でこれを忘れると、横を向いた時にみっともない
☆ゴムスカの生地は基本やわらかめを選ぶこと。  
関連記事
スポンサーサイト
2013/02/19(火)10:37
私が子供のころにズボンの膝小僧がすりきれてしまったことなんか
一度もなかったと思う。 

小学生が塾に通うような時代じゃなかったし、毎日、日が暮れるまで外で遊んでいたけど、
それでも膝小僧に穴はあかなかった。

それがどうしたことか、Tは次々とジーンズの膝小僧に穴をあけます。
5-6本あるけど、ほぼ全滅
しかも必ず、左膝が先にすりきれる。

パッチをあてるのに、私は時間短縮のため、脇をほどかずに裏から生地をあてて、
直線縫いで大きなジグザグを全体にかけちゃいます。

技術的に「目立たないように・・・」とかはできないので、開き直って、
↓ こんな感じで、ユーズド仕上げ(っていうか、正真正銘のユーズドだけど


だけど、同じ場所に3回穴をあけられると、
部分的に布地が厚くなってしまって、ミシンがかからない!

もう捨てようか・・・と思ったけど、
手縫いなら下まで針を通さないでも、すくうように縫えるので、
↓ 刺し子糸で大胆に! もう1回だけ手縫いでパッチしてみた。


はぎれで作る 手縫いの小物」っていう本で、
いろんなチビチビのはぎれを、端の始末も気にしないで、
縫い目もバラバラで、どんどんチクチクぬっちゃう
みたいなデザインがあり、あーこれなら手縫いもいいか と思ったの。

でも仕上がりはびみょーーーです。
やっぱり渋貧乏かわいい感じにするには、ハギレの風合いとか大きさとか、
簡単なようで意外に難しいんだろうかね・・・

それにしても、なんでこんなに穴があくんだろう?!

Tは学校で一体、なにをしているんだろう??!!
ブレイクダンスとか???(ふるすぎ・・・)

↓↓↓

他にも ハギレの活用法色々リンク : かわいいアイデアいっぱい!
関連記事
2013/02/13(水)14:42
日本手ぬぐい1本を畳んで作る「あずま袋」はスピードミシンの優等生!

ちいさく畳んでバッグに入れておいたら、ちょこっと買い物した時、レジ袋のかわりに使えそう。
エコだし、それに最近のレジ袋はタダじゃないしねぇー

↓ ひとつめは、100円ショップの手ぬぐい使用。 ちょっと小さめ?!
 端っこが最初からミミなので、三つ折とかしないでいいので、楽ちーん☆




↓ ふたつめは、もうすぐ誕生日の母に贈るための、渋めの和柄
 「ぬくもり工房」の綿つむぎで、厚手のしっかりした布です。

  これも最初から幅が36cmで両端はミミ、長さ1mのカットクロスです。



和布を手にとって見ていると、プリントじゃないんだなぁ、織物なんだなぁ・・・って気がしてホノボノします。
色も風合いも、やっぱ和はいいわぁ 
これ、カナダの布屋に紹介したら売れるかな?! とか、すぐ儲けようとする私

☆使用した布 : 1mx5枚で1800円の選べるカットクロス

☆他にも、もっと凝った作り方もネットで紹介されています。 
例えば、 洋布3枚をパッチワーク風にはいで裏地までついてる立派なのとか、
マチまでつけてリバーシブルに仕立てるものとか、
一枚仕立てだけどレースでデコってるものとか。

私のおすすめは、やっぱり和布の手ぬぐいです。 
なぜなら、しつこいよーですが、端がすでに始末してあるから手間が省けて早く縫えるノダ! 
それに生地が薄いほうが小さくたためるし、結び目がゴテッとしなくていいです。 

関連記事
人気の過去記事

test

最新記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。